« 名盤紹介★『HEARTY NOTES』 CASIOPEA | トップページ | THE UNIVERSE WITHIN »

2006年10月29日 (日)

低音

我が愛車は、数年前にカーオーディオが故障して以来、
ウォークマンとアクティブスピーカーのアンプ部、そして
クルマにもともと埋め込まれているスピーカーを接続して
音を出しているのですが、これがまた貧相な音しか出ないのです。

中音域はだいたいどのスピーカーでもなんとなく出るのですが、
やはり弱いのは低音域。
クルマの雑音にかき消され、ますます聴こえない、
AMラジオのような安っぽい音になってしまいます。

低音が出なくてまず聴こえなくなるのが、ベースの音。
ベースのメロディーラインは、僕は音感を鍛えるのに大事だと
思っているので、「ベースが聴こえない」という環境は致命傷です。

ボーカル曲の場合、意識的に特徴づける為のアレンジをしない限り、
ベースのメロディーラインというのはその曲の印象を決める、
文字通り基礎、土台となるラインです。
普段はボーカルのメロディーのみを追いかけて聴いている人は、
是非、じっくりとベースの音楽に耳を傾けてみてください。
違った印象、違った世界観が見えてきて、奥深さを感じるはずです。

と言っても、決して「信号待ちでズンズンと重低音を車外に漏らせ」と
言っているのではありませんので、誤解なきよう。

|

« 名盤紹介★『HEARTY NOTES』 CASIOPEA | トップページ | THE UNIVERSE WITHIN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名盤紹介★『HEARTY NOTES』 CASIOPEA | トップページ | THE UNIVERSE WITHIN »