« 名盤紹介★『PYRAMID』 PYRAMID | トップページ | 歌詞を覚えるコツ 2 »

2006年10月 8日 (日)

名盤紹介★『TELEPATH(以心伝心)』 PYRAMID

2日連続で、ピラミッドのアルバムを紹介します。
本日ご紹介するのは、ピラミッドのセカンドアルバム、
『TELEPATH(以心伝心)』。
ジャンルは前作同様、インストゥルメンタルですが、
今回のアルバムには、女性ボーカルが2曲、入っています。

前作がとてもお洒落な時間を与えてくれるのに対し、
セカンドアルバムは、基本的にキープコンセプトですが、
より重厚感、より深みが加わった印象があります。

前作では彼らのオリジナル曲7曲、カバー曲3曲。
『TELEPATH』では、オリジナル曲7曲、カバー曲5曲です。
僕はよく知らないのですが、カバー曲の原曲を知っていると、
なるほどこの曲をカバーしたのかと納得するチョイスなのだそうです。

前作もそうですが、メロディーラインがしっかりしており、
わかりやすい、聴いていて安定感のある音楽が主体です。
そしてセカンドアルバムは、ボーカル曲が2曲あり、
その方向がより顕著で、思わず口ずさんでしまうような
素敵なメロディーが盛りだくさんです。

そして前作との違いは、重厚感。
精神世界に染み込んでくる情緒的なサウンドが多く、
じっくり聴き込みたくなるナンバーが豊富です。
特にラスト4曲のディープ感は必聴。
音のひと粒ひと粒、それらが織り成す音楽の世界に
どっぷりと浸る、そんな贅沢な時間を味わう事ができます。
そしてラストナンバーの、ディープなまま進行して、
ディープに、静かに、このアルバムが終わる、
そんな“後味”が秀逸です。
ファーストアルバムのラストナンバーは、
これぞフェードアウトという美しい余韻を残して
頭の中でいつまでも鳴り続ける爽快感が印象的ですが、
それとは対照的に、グッと深い味わいが魅力です。

もちろん、彼らならではのテクニックも聴きどころ。
僕はドラムスの神保彰さんのファンなので、
特に9曲目の彼の作曲『Goblem』が大好きです。
通常の曲の3~4倍と思われる超絶テクニックを
存分に堪能できます。

秋の夜長にもとても似合います。
是非聴いてみてください。

タイトル:TELEPATH (以心伝心)
アーティスト:PYRAMID

2006.06.21
VACM-1288
\2,940-

|

« 名盤紹介★『PYRAMID』 PYRAMID | トップページ | 歌詞を覚えるコツ 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名盤紹介★『PYRAMID』 PYRAMID | トップページ | 歌詞を覚えるコツ 2 »