« 低音 | トップページ | サザエさんの歌 »

2006年10月31日 (火)

THE UNIVERSE WITHIN

NHKアーカイブスで、『驚異の小宇宙・人体』を見ました。
リアルタイムで見たのは学生の頃ですが、今でも色褪せない、
わかりやすい構成、(当時の)最新の映像とコンピュータグラフィックス、
そしてなんと言っても、久石譲さん作曲のBGM。感動的に美しいです。

学生当時は、レンタルCDでテープに録音し聴いていたのですが、
残念ながら現在では廃盤となり、高音質で聴く事は諦めていました。
(オークションやアマゾンで中古が売られている事は知っていますが。)

しかし、懐かしい番組を見てしまうと、
どうしても聴きたくなってしまいます。
中古でもいいから買おうか、どうしようか、と、検索していると、
なんと新品を売っているショップがあるではありませんか。
さっそく注文、今日到着。いやはや便利な世の中です。

購入した商品は、『THE UNIVERSE WITHIN Vol.1 & 2』。2枚組です。
これは1999年にポニーキャニオンから再発されたもので、
当時()はNECアベニューから、CDが1枚ずつ発売されており、
Vol.2は買ったのですが、Vol.1を買い損ねた僕は、例え2枚組でも
それはそれでOK。迷うことなく購入してしまいました。

カセットテープでかなり聴きこんだ作品という事もあって、
目新しさはありませんが、それでも現在のオーディオコンポで
この作品のデジタル音源を奏でるのは初の試み。感激です。
映画『ナウシカ』や『ラピュタ』のテイストもふんだんに盛り込まれ、
久石作品の中でも名作中の名作が揃っています。

とは言え、BGMとして作曲されたサウンド・トラック集ですから、
「いかにもBGM」という曲も少なくありません。
それも含めて“久石ワールド”を満喫したいかたは必聴です。

現在は廃盤となっている事と、サウンドトラックという特殊性から、
名盤紹介にはしませんでしたが、個人的に間違いなく名盤です。

|

« 低音 | トップページ | サザエさんの歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 低音 | トップページ | サザエさんの歌 »