« 体力 | トップページ | 県内カラオケ店、消防が特別査察 »

2007年1月19日 (金)

若者にしか聞こえない音

面白い“音”を見つけました。
都会や若者の間では既に有名らしいのですが、僕は
ITMediaの『若者にしか聞こえない音』
の記事の中で初めて知りました。

なんの事かは上記リンクの記事を読んでもらうとして、
早速、パソコン上で、17kHzの音を再生してみます。

…しかし、あ、あれ? 何にも聞こえません。

ノートパソコンのスピーカーでは再生できないのか?と思い、
後輩(24歳)をつかまえて再生し、「なんか聞こえる?」とたずねると、
「いや、なんにも、なんかキーンと甲高い音がするようなー」との事。
ガーン、ちゃんと再生されていて聞こえる人には聞こえるらしいのです。

パソコンのディスプレイの表示音など、
かなりの高周波も聞き取れていると多少は自信があったのですが、
実は17kHzの周波数が既に聞こえなくなっていたのでした。あぁオッサン…。

帰宅して更に検索し、15.1kHzのwaveファイルを見つけ、再生。
これはさすがに「キーン」と思わずのけぞるようなキツい音を確認。
でも、16kHzになると、ノイズっぽい低音しか聞こえませんでした。

いつか15kHzも聞こえなくなるのでしょうか。
なんだか急にオッサンを自覚してしまう出来事でした。。。

|

« 体力 | トップページ | 県内カラオケ店、消防が特別査察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体力 | トップページ | 県内カラオケ店、消防が特別査察 »