« ハイビジョンテレビ | トップページ | あみん »

2007年7月 8日 (日)

時のないホテル

ユーミンのアルバムを聴いています。今日は『時のないホテル』。
このアルバムはユーミンの中でも強烈な異彩を放っています。
90年台から近年にかけてのポップな印象からはほど遠い、
シュールというか、ある意味オカルトな世界観は、
いったいこの頃の松任谷由実に何があったのだろうと思うほど。

と言っても、ただ暗いとか恐いとかそういうものではなく、
音楽としては非常に秀逸です。
ストーリー感というかドラマ性というか、そういう作品としての質が、
メロディーもアレンジも、曲構成の完成度としてかなり高いと感じます。
一言で言うならば“重い”ですが、この重さも音楽性の高さ?

まぁなんにしても、かなり筆者好みな音楽です。
『時のないホテル』 1980年9月作品。

|

« ハイビジョンテレビ | トップページ | あみん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイビジョンテレビ | トップページ | あみん »