« SONGSに徳永英明 | トップページ | 名盤紹介★『LIGHTS IN A DISTANCE』 和泉宏隆 »

2007年8月29日 (水)

池田綾子 『 プリズム / 空の欠片 』 本日発売

電脳コイルのテーマソング、やっと、やっとシングル発売です。
5月に初めて池田綾子さんの歌声を聴いてから、約3ヶ月。
その間にアルバム2枚を買ってヘビーローテーションな日々。
そして、原点であり新曲の、このシングルなのです。

まず、ジャケット。初回限定盤は、完全にアニメなジャケット。
この白くプリズム状に輝くカバー、全面がシールになってるみたい。



裏返すと、噂の(?)“オヤジストラップ”が。思わず笑っちゃいます。
でも意外と小さく最小限なつくり。もうちょっと豪華さが欲しかったな。
携帯電話につけて持って出るにはちょっと勇気が…。



中には、普通のCDケースが入っています。ご安心を。
中身は特別版のDVD同梱パッケージです。



では肝心の、曲のインプレッション。
まずは『プリズム』。完全リテイク版ですが、アレンジは
電脳コイルオープニングをほぼ忠実に再現した、キープコンセプトです。
もちろんフルコーラス版という事で、初めて聴く曲構成になっています。
欲を言えば、1:間奏はもっとブ厚いほうが好み、2:Cメロが欲しかった、
というところでしょうか。
でも、あのブレイクからサビのリフレイン、そして後奏、フィニッシュまでは、
極めて筆者好み。後味は100%の満足感です。
池田綾子さんの歌声も安定していて、なおかつ、(わざと)ややクセのある
歌い方を採り入れて、ニューシングルらしい新鮮さとパワーを感じます。

続いて話題の『空の欠片』。
こちらはもう、文句なくパーフェクト!
「電脳コイルのエンディング」を超え、池田綾子ニューシングルの1曲に
仕上がっています。アレンジは、やはりあのエンディングと同じです。
『プリズム』がフルコーラス版の為に伸ばした印象があるのに対し、
『空の欠片』は最初からこの構成ができていて、エンディング用に縮めた、
という雰囲気が出ています。
池田綾子さんの切なげでソウルフルな歌声は言うまでもなく、更に、
「この一瞬が歌の本体!」という構成、パーカッションの聴かせかた、
要所要所の伸びやかな歌声、エフェクトのかけかた、全てが美しい。
きっと2007年のマイ・テーマソングとして確立しそうです。

3曲目、電脳コイルイメージソング『旅人』。
筆者にとっては全く新しい池田綾子さんの新曲です。
軽やかなピアノが爽やかですね。
明るくポップなこの曲、最終回のエンディングに使ってきそうな予感!?
はたまた、まさか劇場版主題歌!?!?

4曲目、5曲目は、いわゆる、オケ。
これだけ聴いても充分に聴きごたえがありますね。編曲が秀逸です。
『プリズム』は電子音の効果、コーラスの厚さ、パーカッションとライドの
絶妙な演出を堪能できます。
『空の欠片』は、ピアノ、ストリングス、パーカッション、ギターの
美しいセッションが、インストゥルメンタルとしても通用するほどの完成度です。

さて、期待のDVD、『プリズム』プロモーションビデオ。
しかし…、ごめんなさい、これはちょっと「う~ん」です。
映像の中に“電脳コイル”のフィルムが多用されています。これが残念。
個人的には池田綾子さんの新曲という作り方をして欲しかったのですが。
映像表現ももっと凝って欲しかったなぁというのが感想。

どちらかと言うと、約12分にも及ぶ、池田綾子さんインタビュー映像の
ほうが、本体!?(笑) 動く池田綾子さん、もちろん初めて拝見します。
いろんなエピソードや作品の背景など、思わず見入ってしまいます。



さて、アニメ『電脳コイル』は、今週末放送(第14話)から後半に突入、
との事。という事は全部で30話程度しか無いんですね。やや残念。
いろんな謎が明かされながら生まれていくのでしょうか。楽しみですね。

楽しみといえば、もちろん、池田綾子さんの今後のご活躍ですね。
次はサードアルバムかなぁ。期待&応援しています。

|

« SONGSに徳永英明 | トップページ | 名盤紹介★『LIGHTS IN A DISTANCE』 和泉宏隆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SONGSに徳永英明 | トップページ | 名盤紹介★『LIGHTS IN A DISTANCE』 和泉宏隆 »