« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

名盤紹介★『LIGHTS IN A DISTANCE』 和泉宏隆

「美しい」。
まさにこの一言に尽きます。

T-SQUAREの元キーボード、和泉宏隆さんのアルバム、
『LIGHTS IN A DISTANCE』。

「アンド・フォレスト・ミュージック」という、
聞いた事が無いレコード会社からの発売です。
(Webで調べると、ジャズやフュージョンを主に取り扱う会社のようです。)

発売は今年の6月20日。夏には手に入れていたのですが、
こういう音楽は何にも邪魔されずじっくりと聴き込みたいので、
他にやりたい事があったりや時間が取れなかったりと、
なかなか封を開けるタイミングがわからず、秋になってしまいました。

今回の作品は、アーティスト名こそ「和泉宏隆」ですが、
トリオという位置付けだそうです。
ベース:村上聖氏、ドラムス:板垣正美氏、そしてピアノ:和泉宏隆氏。
ゲストとして、Stagea(ヤマハのエレクトーン):藤村亘氏、
ギター:榊原長紀氏。

エレクトーンという電子楽器が登場しますが、
あくまでもアコースティックなアンサンブルという仕上がりで、
とても暖かく、美しい11曲です。

1曲目からもう既に“飛翔感”たっぷりの美しさ。
マイナー調の曲は痛いくらいに切なく、沁みこんできます。
初めて聴く曲、それも音楽のみのメディアで、
ドキドキする事は非常に稀なのですが、
和泉さんのピアノの音はいつもそんな新鮮さを提供してくれますね。

季節はやっと秋という感じになりましたが、
センチメンタルなこの季節にもピッタリです。
是非、和泉さん達の奏でる上質な音楽で洗われてみてください。

ちなみに、Web上での和泉さんのコメントでは、
「できればネットではなく、お店に注文した上で」と書かれてあります。
すみません、筆者はアマゾンで買っちゃいました。
何か違うのかな? 以後気をつけます。

タイトル:LIGHTS IN A DISTANCE
アーティスト:和泉宏隆

2007.06.20
NNCJ-1012 (アンド・フォレスト・ミュージック・インク)
\2,940-

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »