« 名盤紹介★『ゲット・アップ!』 神保彰 | トップページ | 森LIVE »

2008年4月29日 (火)

名盤紹介★『A SQUARE SONG BOOK』 和泉宏隆

元 T-SQUARE のキーボード、 和泉宏隆 さんのソロアルバム、
というより『和泉宏隆トリオ』としてのアルバム、第2弾が発売されました。
タイトルは『ア・スクエア・ソング・ブック』。
“スクエア”という名が入っている事から察する通り、そうです、
あの THE SQUARE および T-SQUARE 時代の名曲のセルフカバーなのです。

前作同様、6弦ベース 村上聖 氏、ドラムス 板垣正美 氏、
そしてピアノ 和泉宏隆 氏による、トリオ・アンサンブルです。
ベースはプラグインだとしても、基本的にはアンプラグドな仕上がり。
そして何よりも「あーこの曲だー」という原曲との対比も楽しいですね。

T-SQUAREの楽曲は、ほとんどのリードメロディを、ギター或いはサックスが
演じているのですが(もちろんこのアルバムはほぼ全てが和泉さん作曲である
為オリジナルもキーボードによるメインパートが多いのですが)、
このアルバムではベースとピアノが絶妙に役割を担っていて、
とても親和性の高い、自然に上質なテイストを醸し出しています。

なんといっても圧巻は、『11月の雨』。
ライナーノーツでご本人が「テンポ・ルバートでなければ…」とおっしゃっている
ように(テンポ・ルバートとは「曲の解釈によりテンポを柔軟に変化させる」の意)、
圧倒的な存在感、重厚感といいますか、うまくコトバにできないパワーが
押し寄せて息が詰まるほどです。これは必聴!

いつも感じるのですが、和泉さんの曲とピアノの音は、単に優しいとか綺麗とか
だけではなく、切なさというか静なる情熱というか、内面にディープで感傷的な
コアを感じ取る事ができます。これが筆者の心を捉え続けている要素なのですね。
これからも上質な音楽をたくさん聴かせてくださる事を願っております。
そしてできれば『ピラミッド』復活、してくれないかなぁー。

|

« 名盤紹介★『ゲット・アップ!』 神保彰 | トップページ | 森LIVE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名盤紹介★『ゲット・アップ!』 神保彰 | トップページ | 森LIVE »