« 徳永英明 VOCALIST BOX (1) | トップページ | 徳永英明 VOCALIST BOX (3) »

2008年4月17日 (木)

徳永英明 VOCALIST BOX (2)

さて、第2部、VOCALIST 2 です。
コンセプトは第1部と同じ。編曲も同じく、全て坂本昌之氏、
演奏もほとんど同じメンバーですね。シリーズものだから当然でしょうか。

ただ、あまり連続して聴いてしまうと、ちょっと味が薄く感じてしまう…?
あ~、言っちゃった。でもやはりオリジナルの威力は凄いものです。
第1部の作品も、思い出して頭の中で鳴る音楽は、なぜか全て、オリジナル。
どの曲も真剣に聴いた事は無く、なにかのメディアで何気なく聴いた事がある
程度なのに、『秋桜』は山口百恵の声、『会いたい』は沢田知可子の声で
蘇ってくるのですね。不思議ですね。
だからこそ「名作」に挑むには相当のクオリティとオリジナリティーが必要なのですね。

さて、そうとは言っても、やはり最近の徳永氏には、こういうアンサンブルの
曲調が似合いますね。(もちろんこればっかりだと退屈ですけど。)
『シングル・アゲイン』は、『駅』ほどに筆者の先入観が無い事も手伝って、
同じ竹内まりや作曲でも、音域や抑揚感が徳永氏のボーカルに合っています。
『あなた』『恋人よ』などのサビのテンションは絶妙ですし、
『瞳はダイアモンド』も、オリジナルがほとんど記憶にない筆者としては、
徳永氏の歌としての完成度がかなり高い印象でした。

さて、第2部は、バンド形式(ドラムス&エレキのベース&ギター)の
バックグランドがうまく味を出しているように感じます。
それはやっぱり、前述のようにアコースティックな味に慣れたせいかな?
『あの日に帰りたい』は、オリジナルがややポップ調だっただけに、
ちょっとしっとりしすぎてやや湿っぽいかな~とも思ってしまいます。
ここは男性ボーカルならではのメリハリやパンチも欲しかったところ。

そして、インストゥルメンタル・トラック。
こちらは逆に、アコースティック・サウンドが活きてくる印象です。
『かもめはかもめ』は、強い印象のオリジナルとは違った完成度が楽しめます。
『セカンド・ラブ』も、これで完成されたジャジーなバラードナンバーのよう。

でもはやり、インストでもかなりインパクトのある完成度を誇るのが、『シングル・アゲイン』。
ただ賑やかだからという理由ではなく、ひとつひとつのパートがちゃんと重なり合って
融合された音楽として確立している印象が強いのです。
弦一徹氏のバイオリンソロも秀逸ですね。

また、この第2部では、ギターの音がかなりいぃ味を出しているように思えます。
インストではより深く聴くことができるので、皆さんにも味わっていただきたいですね。

名作をカバーするというのは、それ相応のプレッシャーがあると思います。
自然に沁み付いている先入観を置いておいて新しい価値を創造しなくてはならない、
その難しさがチラリと見える気がします。
もちろんそれはただ「勝てていない」のではなく、やはり聴き手側の解釈の話であり、
1回聴いただけでは良し悪しの判断などできようもないでしょう。
ただ言えるのは、「あーこりゃ無理があるね」という曲は皆無だという事。
もちろん徳永氏が好きだからという要素が強いのですが、
それを差し引いても、つまりインストトラックを聴くだけでも、
その上質な音楽を楽しむことができるからこそです。

さて次回はいよいよ第3部。
ちょっと筆者の好みに合わない曲もあるようですが、果たして印象は?

|

« 徳永英明 VOCALIST BOX (1) | トップページ | 徳永英明 VOCALIST BOX (3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 徳永英明 VOCALIST BOX (1) | トップページ | 徳永英明 VOCALIST BOX (3) »