« 名盤紹介★『A SQUARE SONG BOOK』 和泉宏隆 | トップページ | 『Wonderful Days』T-SQUARE SUPER BAND »

2008年5月21日 (水)

森LIVE

何気なくテレビをザッピングしていたら、何やらオシャレなジャズライブが。
ジャズというよりヒーリングに近い雰囲気で、ちょっとの間リモコンの手を止め
見ていたら…!!!
ドラムスの人、もしかして! そう、あの、あの則竹裕之さんではありませんか!

しまったー、今はダビング中で録画もできず、まさにLIVEで見るしかありません。

最初はちょっとしっとり系すぎてその超絶テクニックは期待できない雰囲気でした。
しかし、『7th Lock』という曲で、でました則竹さんの、ソロ!

久しぶりに見た、則竹さんのソロ。やっぱりカッコイィです。
スティックはランダムに叩いているのに、ペダルは正確に8ビートを刻みます。
凄すぎてしばし圧倒されっぱなし。ばちさばきは神保さんのDNAを
どことなく継承したかのような印象を受けました。
そして初めてハイビジョンでみる、高精細な則竹さん!(笑)

その他のプレイヤーは、ごめんなさい、知らないお名前でした。
やはり自分にとっては則竹さんの印象が強烈すぎるのです。

この衝撃、感動、今でも、いつまでも、ピュアなまま感じていますように。

|

« 名盤紹介★『A SQUARE SONG BOOK』 和泉宏隆 | トップページ | 『Wonderful Days』T-SQUARE SUPER BAND »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名盤紹介★『A SQUARE SONG BOOK』 和泉宏隆 | トップページ | 『Wonderful Days』T-SQUARE SUPER BAND »