« 『Wonderful Days』T-SQUARE SUPER BAND | トップページ | 徳永英明 1000th LIVE »

2008年5月23日 (金)

『東横特急』SUPER BELL"Z & 向谷実

カシオペアのキーボード 向谷実 さんの、ソロが聴ける!
…という理由だけで、ついつい買ってみたりしました、
『東横特急』。

SUPER BELL"Z というユニット(?)は、車掌DJというジャンルで
以前から活動していたそうです。
そう、これはギャグ・アルバム。純粋な音楽というより、
一種のパロディって事みたいですね。というのが前知識かな。

さてさっそく聴いてみましょう。
第一印象。意外と面白い!
向谷さんのメロディに乗せてラップ調に連呼される駅名。
これだけで笑っちゃいます。ノリかたがウマいんでしょうね。
彼ら自身による作曲・演奏(というか打ち込み)は、
失礼ですけどどうしてもややチープに聴こえますが、
というよりは超一流ミュージシャンの向谷さんが
本気で作った曲と比較するほうがナンセンス。
そしてその本気の曲と駅名ラップの意外性がまた笑えます。

ネタや方向性がどの曲も似てて単調なのが残念。
また、向谷氏自身によるパロディもちょっと期待していたのですが。
例えばタモリ倶楽部で魅せた、JR品川駅の発車メロディから
カシオペア『FIGHT MAN』に化けていく曲だとか、
京急ドレミファインバーターをメインメロディ化したジングルとか、
ああいうノリのものを想像しただけに、そっち方面は残念でした。

東急はほとんど利用した事が無いので、発車音とかチャイムとか
細かいフィーチャーはわかりませんが、よく利用する人ほど
笑える事は間違いないでしょう。

そして12曲目、13曲目は、ボーカル抜きのインスト。
これは純粋な向谷実ソロ楽曲として楽しめます(笑)。

意外な発見。「駅名だけでこれほど面白い」んですね。
もっとも、駅名“だけ”ではなくて、グルーブ感を出す
絶妙なノセかたのテクニックは見逃せません。
更に向谷メロディーなら第2弾、第3弾も期待ですそうですねー。

でもしかし、やはり向谷さんに望むのは、
本当の本気の、音楽!
カシオペア休止状態の今、向谷さんならではの
キラキラサウンドやジャジーなピアノ曲などなど、
なんでもできると思うんですけどねー。
カシオペアは主にドライブBGMだけど、
列車の旅でずっと聴いていたくなるような爽やかな音楽なんて、
向谷さんだからこそ超期待! なんちゃって。

そして願わくば、やっぱりカシオペア復活なのですがー。

|

« 『Wonderful Days』T-SQUARE SUPER BAND | トップページ | 徳永英明 1000th LIVE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『Wonderful Days』T-SQUARE SUPER BAND | トップページ | 徳永英明 1000th LIVE »