« 攻殻機動隊 S.A.C. オリジナルサウンドトラック | トップページ | 攻殻機動隊 S.A.C. オリジナル・イメージ・アルバム »

2008年11月25日 (火)

攻殻機動隊 S.A.C. タチコマ追悼盤 『be Human』

さて、攻殻ネタが続きます。

そもそも、サウンドトラックを買ってまで聴いてみたいと欲求の発端は、
2nd GIG を先に見た筆者としてはその時はまだそんなに強くありませんでした。
その後 1st を見て、だんだんと興味が湧いてきて、
特にサウンドトラックとして聴いてみたくなったのが、
音楽冒頭に「ポーン、ポーン」という不気味な音でフェードインする曲。
じきにジャングル的なパーカッションが入り、ストリングスが挿入されていく、
あの展開が妙に気に入ってしまったのです。

しかし。3枚も買ったサウンドトラック、
そのどれにも入ってないではありませんか。なんで!?(←タチコマ風)

で、さすがインターネットですね、「ポーン ポーン」で検索すると、
どうやらその曲が『spotter』というタイトルである事が判明し、
その曲はタチコマ追悼盤『be Human』という作品に入っているらしいです。

『be Human』という作品の存在は、サウンドトラックを検索する上で知り、
どうやらタチコマが主人公の話で流されたコミカルな曲の集合体である、
という認識で、あえて外していたのですが、あの『spotter』が
まさかコチラに入っていたとは。盲点でした。

もちろん、ポチッと購入。さっそく届いたので、さっそく聴いてみます。

まず1曲目、『be human』。まさにイメージソングな訳ですが、
日本語訳を読んでいて、思わず涙がジワリ。
なんと切ない歌詞。タチコマがどんどんいとおしく思えてきます。

そして9曲目、『spotter』。うん、想像通りの出来でした。
ちょっと後半が長すぎるかな。

このアルバムの本体ともいうべき、13曲目『good by my master』。
邦題は『さよなら、バトーさん』でしょうか。
この曲を聴いて涙しなかった人が居るでしょうか?
あのシーンが蘇ります。何度見ても泣けるシーンですね。

隠し(?)トラックは存分に笑えます。『タチコマな日々』を見ていればなおさら。
もっというと『AI愚連隊ウチコマンズ』も入れてほしかった…
ってそれはちょっと時代が違うか。

総評。最初はあえて購入しないという選択をとってしまった、この作品。
縁あって買った訳ですが、結果的に正解でした。
危うくこの世界観を知らずに過ごすところでした。
ただファニーでコミカルなだけではありません。
大袈裟ですが、この作品がよっぽどBGM集らしいと感じさえします。

|

« 攻殻機動隊 S.A.C. オリジナルサウンドトラック | トップページ | 攻殻機動隊 S.A.C. オリジナル・イメージ・アルバム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 攻殻機動隊 S.A.C. オリジナルサウンドトラック | トップページ | 攻殻機動隊 S.A.C. オリジナル・イメージ・アルバム »