« 古川初穂トリオ | トップページ | カラオケ山手線 »

2008年12月23日 (火)

スローモーション

中森明菜の歌の事ではありません(笑)

Mr.Childrenのニューアルバム『SUPERMARKET FANTASY』、
初回限定版のDVD、 MUSIC CLIPS 2007-2008 を、観ました。
収録曲は5曲。シングル4曲+『エソラ』。
筆者はどれも完全にみるのは初めてのものばかりでした。

総評から言うと、ズバリ、“スローモーション”。
この効果が抜群に効いています。すごく筆者好みです。

最もそう感じたのが、『GIFT』。
有名役者もない、セットもない、なんでもない映像なのに、
最新鋭の(と思われる)超ハイスピードビデオカメラで録画、
そしてスローモーション再生。もうこれだけでドラマなのです。

水という、形の無い透明と、人間の表情。
そしてミスチルの歌。どうしてでしょう、
これしか無いのに、ドラマチックで、涙が出てしまいます。
この映像を観て、この新しいアルバムの価値観を再認識したのでした。

ラストのAメロで、感極まるように出来ているのも、にくいですね。

もう1本は、『エソラ』。
ジャケット写真や中の写真の世界観が映像として動いていて、
この歌が“SUPERMARKET FANTASY”のタイトルソングなんですね。
ジャケットの写真だけ見た限りでは、意味不明な絵でしたが、
(もちろんビデオクリップも意味不明といえば不明ですが、)
スローモーションで溢れる色彩とキラキラが、
このアルバムの勢いや華やかさを象徴しているように思えます。

この曲自体も、キャッチーで躍動的な曲なので、
映像と見事に合っていますね。ワクワクしてきます。

さて、「ズルいなあ」と思ったのが、『花の匂い』。
ストーリーの後半は意味がわかりませんでしたが、
号泣です。思い出すだけで泣けてきます。
モノトーンのアニメーションに、赤と黒、
そして、白い花。
明確な意味のわからない後半で、感情が溢れ出してしまいます。
そしてミスチルの歌。
パブロフの犬じゃないけど、この歌を聴くと、あの映像が浮かんできて、
また涙が出そうになってしまいます。
「泣かせる気満々」の確信犯?それとも筆者の心情がちょっと変?

きっとハッピーエンドでありますように。そう信じて、その為の、涙。

ちなみに『旅立ちの唄』は、ライブバージョン、
『HANABI』は、まぁよくメディアに出てくる、あれ。

しかし、全体を通して、納得いかないのが、画面サイズ。
16対9のアスペクト比なのに、16対9の画面で見ると、額縁映像に。
なんじゃそりゃ。なんだかそれだけでガッカリでした。

さて、いろんなネットショップでは、まだまだ定価で
売られている店もありますよ、初回限定盤。
あ~でもいつかブルーレイで発売される事でしょう。
その時はぜひ適正価格でよろしくお願いしたいですね。

|

« 古川初穂トリオ | トップページ | カラオケ山手線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古川初穂トリオ | トップページ | カラオケ山手線 »