« 2009年5月 | トップページ | 2010年9月 »

2009年11月25日 (水)

池田綾子アルバム『a light, a life』本日発売

今年5月にフルアルバムを発売したばかりの、池田綾子さん。
なんと半年で、次のニューアルバムを発売されましたー。拍手~。

作詞作曲は、全て池田綾子さん(8曲目のみ作詞 mica bando さんと池田綾子さん)。
編曲は1~9曲目が TATOO さん、10曲目 Yo-ichi Tanoue さん、11曲目 To-ru Meki さん。

前作『オトムスビ』は、筆者がアニメ“電脳コイル”を見すぎたせい(?)で、
電脳コイルのシングル収録曲を3曲含んでいる事もありその印象が強かったのですが、
このアルバムは純粋に池田綾子さん本来の作品という印象です。

アレンジは、シングル曲でもある1曲目『星降る森』が象徴するように、
素朴で奇をてらわない、しかし深く暖かく、沁み入る作品ばかり。

まだ一通りしか聴いていないので、これから聴き込むごとに味が深まるでしょうが、
やはり池田綾子さんの曲と歌声は心に響きます。
特に5曲目『sora』。実はこの曲がラストナンバーなんじゃないかと思うほど、
この曲で感極まるような、深く、そして高く、澄み渡る感じ。もう虜ですね(笑)。

今回のアルバムで意外なのが、英語歌詞が多い事。
歌謡曲のような英語フレーズを織り込む作詞も、池田綾子さんにしては珍しいかも。
そして N.Y.在住のアーティスト mica bando さんとの作品『Light you up』では、
これはもう賛美歌なのではないかと思うほど荘厳です。

さらに印象的なのは、アルバム全体の連続感。
アルバム作りでは、よくアーティストがとる手法として、マンネリ化や単調子を避ける為
バラードの次はアップテンポ、テクノ調の次はオーケストラアレンジなど、
気分転換的な曲の並べ方をする事が多いのですが、
このアルバムはそんな事お構いなし。まるで組曲のようにも聴こえます。
一歩間違えば「どれも同じに聴こえる」という印象につながりかねませんが、
そこは聴く側の好み次第でしょう。少なくとも筆者はそうは思いませんでした。
ラストの2曲は、アレンジャーが TATOO さんではありませんが、
作品全体によく溶け込んでいて、優しい余韻を残す為、
どれもがラストナンバーであってもおかしくないほど沁み込んできて、
しかし11曲目のラストナンバーは逆にちょびっと趣が異なる曲調であることも相まって、
なんだかとても贅沢な気分になる、そんな印象です。

前作『オトムスビ』は、シングル曲の完成度はもちろん、
アルバム曲も完成度が高く、「あぁ池田綾子さんはこれをやりたかったんだ」という
パワーというかスピリットというか、そういうものを感じましたが、
半年という短いスパンであっても、決して色褪せる事なく、
もしかしたら本当は前作と本作品との2枚組を出したかったのではないかと思うほど
一体感、連続感、訴えかけるオーラのようなものを感じます。

ちなみに2曲目は、NHKの「明日のエコでは間に合わない」でおなじみの
『NHK地球エコ2009』テーマソングです。
NHKのコマーシャル(?)では「♪池田綾子」としか表示されない為、
この歌はなんだーと思っていたひと(というか筆者)、スッキリですね!

更にちなみに、アニメ“電脳コイル”、
遂に NHK BS hi で再放送されております!
BS2でも再放送されていましたが、やっぱり画質がダメです。
BS hi は理論上 NHK-E よりも真のハイビジョンなので、やっぱキレイですねぇ。

ありがとう池田綾子さん。またまたこれからも名曲を聴かせてください!
前作は夏の夜のヘビーローテーションでしたが、
今回は冬の就寝前にヘビーローテーション確定です。

| | コメント (0)

2009年11月23日 (月)

DAM★とも熱、再燃

 久々のブログ更新です。

 カラオケも春~夏はとんとご無沙汰しておりました。
しかし最近久々に開催したオフ会で、あ~やっぱり歌うって楽しいね、なんて事を再認識。ご一緒してくださった皆さん、ありがとう!

 という訳で、リハビリを兼ねて、ドライブしながらガンガン歌ってみたのですが、フシギなもので、高音の発声が意外とラクになっているのです。正確に言うと、決してラクではないのですが、ちゃんと腹筋使って喉への負担がかなり減ってきているという感じ。

 しかし、これまた久々の「DAM★とも」カラオケ録音で再認識したのですが、やはり自分の悪しきクセというのはなかなか直らないもので、筆者の場合、“もごもご歌い”とも言いましょうか、口をすぼめたような、ぼそぼそもごもご、嫌~な発音をしちゃうのです。歌ってる時は自覚が無く気持ちよく歌っているのですが、録音を聴いてみると、うへ~こりゃダメだ~状態。マイクの使い方も下手で、距離や角度がちゃんとしてないので、ボリュームもばらばら。解ってないね~状態。ハモリもなんだか自信なさげな小さい音量になってしまいました。再録希望ー!

 …という数々の反省をもとに、ソロ活動してきました。
初日は、「プレミアダムの部屋を」と告げると、なんとDAMステーションもデンモクidも無い部屋に。お店に言うと、「DAMステーションの部屋ですね」と言われ、部屋を変えてくれました。なるほど。で、翌日は「DAMステーションの部屋を」と告げると、確かにDAMステーションは置いてあるのですが、本体のほうがプレミアDAMじゃなくて、まさか…と思うと、やっぱりDAM★ともはできませんでした。お店に「DAM★ともをしたいんですが」と言うと、またもや部屋移動。難しいですねぇ~。岡山はまだDAM★とも録音の文化が少ないのでしょうか!? もう1年が経とうとしているのに。

 まぁそれはさておき、録音開始。
首や肩の筋肉をほぐしながら、もごもご歌いにならないように、モノマネ要素をできるだけ取り払い、自分の歌唱を心がけます。音痴はそう簡単に直らないとして、聴きやすい声色を目指すのが当面の目標って感じでしょうか。
機器のボリュームは、ワイヤレスの受信機ゲインを、11時~10時30分付近。
本体のミュージック音量を50~53、マイク音量を44~46としてみました。
結果的に、お店で試聴したときに「ちょっとボーカルが大きすぎるかな?」と思った程度が、後でパソコンで聴いた時に「まぁこんなもんか」と思うくらいのバランスになるみたいですね。
エコーは、16~18。これは意外と、お店の試聴よりパソコンで聴いた時のほうがよく効いている感じで、もっと控えめにしてもよかったかなーと思う感じでした。

 また今回は、遂に初めて、一人カラオケでマイクスタンドを持ち込んでみました。結構度胸が要るもんですねー。でもお店の人は、複数人カラオケの時に平然と持ち込んでいる時と同じ、全く無反応の様子。変に「なにそれって思ってるかなー」なんて考えてるのは自分だけなんでしょうか。

 カラオケの結果は、まぁよければ聴いてみてください。決して自慢できるようなものではありませんが…。でも今回は意外と高音が出しやすいコンディションを活かして、高音バラードをたくさん録ってみました。でもシャウト系を絡めるとまだまだ満足いく結果にならず、公開は見送りかなー。どうやったら持続力を身に付けられるのか、まだまだ課題は山積みです。

 それにしても最近は、申請から公開までが平日で1日半という短期間になったからか、中の人は土日祝を本当にキッチリ休んじゃうんですね。おかげで公開されるまで長いこと長いこと。約9ヶ月ぶりのサービス利用でしたが、ソフトウェアも仕組みも一切変わっていないのもビックリです。マンネリ化による客離れが加速してるっぽいんだから、もっとシステムの質を向上してほしいものです。って結局それが言いたいだけなんですけど(笑)。

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2010年9月 »