« うたスキ動画・自由研究 その2 | トップページ | うたスキ動画・自由研究 その4 »

2010年9月12日 (日)

うたスキ動画・自由研究 その3

その3では、筆者が録音してきた曲を紹介させていただきます! まぁなんて図々しい。

まずは、共演が楽しい、
ニシエヒガシエ
Mr.Children
です。あ~ホントは誰かとリアルタイムに共演したいですねー。
うたスキ→動画→曲名から探す「ニシエヒガシエ」で、『じゅうはちばん』が歌ってます。

(2010.09.18更新:録音し直しました。うたスキにログインして曲名で探してね。)

テイクAのミュージック音量は、8 。
これを呼び出してテイクBを歌うのですが、いきなりテイクAがやかましくて歌えません(苦笑)。
テイクBのミュージック音量は、10 。
でもこの設定が録音に活かされているかどうかは、現時点ではよくわかりません。
長い間奏後のラジオボイスがこの歌のハイライトなのですが、ハウリングを起こしてしまいました…。
でももう一度撮るには、テイクAの自分の声がうるさすぎてうんざりする為、まぁいっか。
最後のハモはちゃんと入れ替えてるんだけど、違いがわかりませんね。。。

(2010.09.18更新:録音し直したので、上記のミュージック音量は無効です。パートAはマイクスタンドでやや離し気味に録音しました。でも何故かバックコーラスが消えないのであまり意味が無いですね。)

まぁでも楽しい! 完全に自己満足の世界ですが、初めてのオーバーダビングに感動です。
ただし、やっぱり自分の歌声って気持ち悪いので、「楽しい!」と思っても「凄い!」は余り無いかな…。

次は、ハモパートの多彩さで筆者お気に入りの、
DING DONG[僕だけのアイドル]
サザンオールスターズ
です。

(2010.09.18更新:録音し直しました。18年間思い込んでたメロディーが実は間違いであるとご指摘をいただいたため(笑)。うたスキにログインして曲名で探してね。)

テイクAのミュージック音量は、6 。
テイクBのミュージック音量は、10 。
パソコンで聴く限りでは、ハモパート(つまりテイクA)がちょっと引っ込んでる感じ?
このあたりから、「ミュージック音量」が効果あり、という気がするのですが、いかがでしょうか。
さて、仕上がりは、かなりサブいですね(冷や汗)。テイクBがかなりハシってます。カラオケルームでの再生じゃそうは感じなかったんだけどなぁ~。同期ズレてないか!? と機械のせいにしてみたりして。
これも、歌っている最中は、テイクAがやかましくて、ついつい負けじとリキんでしまいました。おかげでかなり聞き苦しい結果に。ってそりゃ何度やっても同じか。
2ヶ月経って消えたら再録してみようかな。

(2010.09.18更新:録音し直したので、上記のミュージック音量は無効です。パートA(ハモ部)はマイクスタンドでやや離し気味に録音しました。もうちょっと大きくても良いかな?と思えますが、でもまぁ最適とも言えるのではないでしょうか。それにしてもハシり気味なのが治りません。。。)

さて最後は志向を変えて、女性曲を。

YUKI本人のデュオが美しい、
ハミングバード
YUKI
です。あぁカラオケで美しい女性デュオを聴いてみたい~~。

http://joysound.com/ex/utasuki/movie/video/mix/_mid_0438925717_index.htm

原曲キーからプラス5で歌いました。これだけ離れると音を正確にとるのがしんどいです。
テイクAのミュージック音量は、5 。
テイクBのミュージック音量は、10 。
この仕上がりを聴く限りでは、倍から違う音量差は無いですね。という事はミュージック音量は関係ないのかな。
さて、初めてカラオケで歌う、しかもメインパートは恐らく初めて声に出して歌うので、ハイライトのサビのメロディーがかなりモゲモゲです。
しかもユニゾン部分では自分が2人で「ライラーラライララー」。うげ~気持ち悪い。
とはいえ、まぁ意外と納得出来る完成度になったので、公開しちゃいます。
ちなみにユーザー名は『としYUKI』。ははは。いや、筆者の名前なんだよー。

さて、いずれにしても、完成度を上げるには、ハモパートを相当によく覚えて仕込んでおく必要があります。どこまで持続するかはわかりませんが、ちょっと本気出していろいろ公開していきたいと思います。同じ志を持つ方はぜひご一緒しましょう!

|

« うたスキ動画・自由研究 その2 | トップページ | うたスキ動画・自由研究 その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うたスキ動画・自由研究 その2 | トップページ | うたスキ動画・自由研究 その4 »