« 浜田省吾 CS-MJTVでミニ特集 | トップページ | YAMAHA CRW-F1 よ、永遠に »

2010年10月 6日 (水)

The Best of Shogo Hamada vol.3 The Last Weekend

待望の浜田省吾の新作です!
とりあえずまず聴いてみよー!

1. 僕と彼女と週末に

完全なるリテイク、リアレンジ。これは凄い!掛け値なしに賞賛です!
11分22秒という長編アレンジも終始ドラマチックです。

2. 裸の王達

ちょっと本人不在チックなリアレンジ、というところでしょうか…。

3. 詩人の鐘

リアレンジ!リソング!これで3回目の甦生かな。
ただ、オリジナルイメージと大して変わらないのが残念。
(全曲聴き終わって後から思うと、
 こういうアレンジこそがこのシリーズのコンセプトだったのですね。)

4. THEME OF FATHER'S SON - 遥かなる我家

歌詞まで新しく、新鮮なはずなのですが、これもやや残念。
オリジナルの強烈な眩しさ、郷愁、余韻から抜け出せないです。
(全曲聴き終わって後から思うと、以下同上。)

5. RISING SUN - 風の勲章
6. BLOOD LINE - フェンスの向こうの星条旗

この『FATHER'S SON』3作品に対しては、
聴いている間は「もっと新鮮さ、ドラマチックが欲しいなぁ」と
思いましたが、全曲聴き終わって思うのは、以下同上。

7. 我が心のマリア (Instrumental)

私の知る限りで、この曲も3度目のリアレンジ。
しかも今回はインスト、ストリングスアレンジ。厳かですね。
こういうアレンジをさせると星勝さんは本当に素晴らしいです。

8. MY HOMETOWN

この曲は、曲調、雰囲気、コンセプトこそ、オリジナルとほぼ同じなのに、
迫力というか放たれるオーラが凄いですね。
ボーカルもしっかりリソング。胸が痛くなるほど鮮烈です。

9. 東京

「あれ?」と肩透かしを食らうほど、オリジナルそのもの。
いくら今回のコンセプトに合う歌だからと言って、なぜこの曲だけ?
今までの味わい深い新鮮さに比べると、悪いけど「なんで?」と言わざるを得ません。

10. 午前4時の物語

しまった、もともとあまり好きじゃない曲なだけに、
オリジナルと違うのかどうかすら解らない…。(ファンの皆様ごめん)

11. とらわれの貧しい心で

これぞリメイク、という感動の名作の復活です。
もともとファーストアルバムの長編作品が素晴らしいだけに、
奇をてらうリアレンジは無用。星勝さんもそこはよく解っていますね。
でも後奏のそっけなさまで同じなんですね、ちょびっと期待外れ。

12. A NEW STYLE WAR

これも正統進化のリテイクですね。
オリジナルは演奏やエフェクトがやや薄い印象だっただけに、
本当はこう仕上げたかった、みたいな濃いぃ作品になっています。

13. 愛の世代の前に

なるほどこのアルバムの“リメイク”とはこういう意味なのか、
というほど、オリジナルのテイストそのままの正統進化形。

14. 桜 (Instrumental)

しまった、『ON THE ROAD "FILMS"』は持っているのに、
この曲は全く記憶にありません。

…という訳で、まずひと通り全曲聴き終わって、やっと理解したのは、
「そうだ、このシリーズは、これぞ“リメイク”、がコンセプトだったのだ、
という事です。セルフカバーではなく、単なるベストアルバムでもない、
古きよき、そして新しい、浜田省吾。
そう気づいて、Vol.1、Vol.2のジャケットや歌詞カードを眺めてみると、
あらホント、今回のVol.3とソックリではありませんか。
多ヶ国語で書かれたも白黒歌詞カードまで同じだったんですね。
また改めて、Vol.1、Vol.2 を聴いてみなくっちゃ。

それにしても、浜田省吾のオーラは衰える事がないですね。
そう考えれば考えるほど、どうして新作フル・アルバムを出さないのでしょうか?
これだけの歌唱力とパワーがあるのに、もったいないです。
是非、本当の意味で、全く新しい浜省の歌、聴いてみたいものです。

|

« 浜田省吾 CS-MJTVでミニ特集 | トップページ | YAMAHA CRW-F1 よ、永遠に »

コメント

浜省のBESTアルバム、僕も聴きました!
そんなに期待はしてなかったんですが、
1曲目の「僕と彼女と週末に」で、おおっ!
と感動しました。
それなりにしか感じなかった曲もありますが、
やはりいまだ衰えはありませんね。
前作のオリジナルアルバムから早5年、
新しい浜省、聴きたいですね~

投稿: kazu | 2010年10月24日 (日) 16時00分

kazuちゃんお久しぶり~!
コメントありがとう!

やはりkazuちゃんも聴きましたね。浜省ファンは無視できない仕上がりの曲が何曲かありますよねー。
オリジナルを聴いてた頃の記憶と、新しいアレンジの新鮮さとか、頭の中で混じり合って、不思議な世界観が広がりますね。

またkazuちゃんとも会いたいですねー。浜省歌おう!! (^o^)

投稿: とし | 2010年10月24日 (日) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浜田省吾 CS-MJTVでミニ特集 | トップページ | YAMAHA CRW-F1 よ、永遠に »