« The Best of Shogo Hamada vol.3 The Last Weekend | トップページ | NHK SONGS にスピッツ登場 »

2010年10月15日 (金)

YAMAHA CRW-F1 よ、永遠に

我がパソコンで、欠かせないパーツがあります。

それは、CD-Rドライブ、YAMAHA CRW-F1 。

2002年発売、当時は高速回転競争が激化していた、そんな中、
敢えて低速化&長ピット化させる独自技術“Audio MASTER”により、
高音質な音楽CD-Rが作成できる、と、当時は話題になりました。

そのDNAを引き継いだ、プレクスターの Premium2 というCD-Rドライブが
ちょっと前まで販売されていたのですが、「いつ買おうかなー」なんて
呑気に構えていた、その時! なんと突然の製造終了!
そして一気に市場から消え去ったのでした。あぁ~逃がした魚は大きい!

更に、追い討ちをかけるかの如く、我がパソコンの CRW-F1 が
見る見る調子悪くなってしまったのです。
特に音楽CD-Rの場合、ディスクを入れるとキュルキュルと読み込み動作を
1分ほど行った後、ディスク無しの状態に。
出し入れすると時々認識するのですが、その認識率は急激に低下、
ついには何十回リトライしてもダメになってしまいました。

一度認識すると、かなり安心感の高い読み取り精度の、CRW-F1。
かたや、パイオニアのDVD-Rドライブは、百発百中でディスクを認識するのですが、
リッピングに物凄く時間がかかり、エラーによるリトライも非常に多く、
やや不安の残る結果が続くのです。

そして、もちろん、今まで作成したほぼ全ての音楽CD-Rは、
Audio MASTER 技術を利用したもの。
このまま高品質な音楽CD-Rは作れなくなってしまうのだろうか……。

いえいえ。まだ奥の手があるのです。

実は、ヤマハから『CRW-F1製造終了』のニュースが出た時、
こりゃいかんと、すぐさま2台目の CRW-F1 を購入し、
初代ドライブをもう1台の自作パソコンに組み込んでいたのでした。

そのパソコンも、じきにほとんど使わなくなり、つまり初代 CRW-F1 も
ほとんど利用されないまま、何年も時を重ねていたのでした。

という訳で、使わなくなったパソコンから初代 CRW-F1 を取り出し、
現在使用中のパソコンから二代目を抜いて初代に換装、
無事に認識した後、音楽CD-Rを入れてみると…、

一発読み込み! ヤフー! こちらのドライブはフレッシュなままでした。
そして爆速読み込み! 最初17倍~最後22倍という速さ!
ファームアップすると何故か5~6倍に落ち込んでしまいましたが、
パイオニアのDVDドライブでは0.7倍速とかとても残念な事になっていたので、
当然、やっぱり YAMAHA CRW-F1 の圧勝なのです。

ケースもCPUもマザーも、そしてCD-Rドライブも、2002年購入品。
まる8年経過するもまだまだ現役の自作パソコン。
新しい自作機を買いたいと思い続けながらも、やはりコイツはまだ手離せそうにありません。

2010101501

YAMAHA CRW-F1 。左が初代、右が二代目。どちらも2002年秋の製造だったんだね。

|

« The Best of Shogo Hamada vol.3 The Last Weekend | トップページ | NHK SONGS にスピッツ登場 »

コメント

はじめまして、
YAMAHAのF1、AudioMASTERで音楽CDを焼くと素人でも分かるくらい音がいいですよね。
AUGUST 2002の刻印を見ましたが、幸いにも、CRW-F1、まだ正常に作動してくれているので助かります。happy01

投稿: たら~く | 2011年5月 7日 (土) 19時45分

たら~くさん、コメントありがとう!
たら~くさんもCRW-F1使いですか。
ブログ拝見しました。たら~くさんも Windy ケース使いなのですね。奇遇です。当時の 星野金属のケースはカッコよかったですね~。

私の耳では音の良し悪しは聞き取れないのですが(苦笑)、それでも、どんなドライブでも読み取り認識率が高く、しかも心なしかレンジが広いような感じがしますよね。今時で言うとレートの高いMP3音源みたいな。
ヤマハドライブの復活を切望しますよね~!

投稿: ぺか | 2011年5月 7日 (土) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« The Best of Shogo Hamada vol.3 The Last Weekend | トップページ | NHK SONGS にスピッツ登場 »