« 音楽CD取り込み大作戦! -4- バーチャルCDを作る! | トップページ | 音楽CD取り込み大作戦! -6- 80分以上の仮想音楽CDは作れるか »

2011年1月 9日 (日)

音楽CD取り込み大作戦! -5- 仮想ドライブ! Alcohol 52%

音楽CD取り込み、まだまだ続きます。
前回までで、cueファイルを活用した仮想CDイメージを作りました。
目的は、 iTunes や x-アプリ など、携帯音楽プレーヤーへの転送の為。

さていよいよ、このcueファイルを、あたかも音楽CDかのように扱う方法を書きます。

使うのは、 『Alcohol 52%』という、フリーソフト。

“Alcohol 52%”で検索すると、すぐ見つかります。
まずはダウンロード、そしてインストールします。
インストーラーを動かすと、準備の為、Windows再起動が求められます。
その後、インストーラーが起動してくるので、どんどん進めます。
インストール中は英語ですが、Alcoholが起動すると、ちゃんと日本語表示です。

さて、インストールが終了したら、
仮想ドライブの準備をしましょう。
Alcohol 52% を起動させます。
初期状態では、本物のドライブ装置だけが下段に見えています。

2011010901

オプション-仮想ドライブのアイコンをクリックします。
そして、仮想ドライブ数を 1 に変更します。

2011010902

これで、仮想ドライブができました。下の絵のように見えるようになります。
(IDは、隠す必要は無いと思うけど、念のため。)

2011010903_2

次に、拡張子の関連付け設定を行います。
今回は cueファイルを使いますから、cue にチェックを入れます。

2011010904

これで Alcohol 52% は終了です。
常駐の必要もありません。恐らくサービスとして起動しているかと。

さて、いよいよ、cueファイルの登場です。
エクスプローラーで cueファイルを右クリックすると、
「イメージをマウント」という選択肢があります。
これをクリックすると、仮想ドライブにCDが挿入された事になります。

2011010905

後は、iTunes などを起動させ、取り込むだけ。

iTunes だと、下のような感じ。
ちゃんとデータベースから情報を取得していますね。

2011010906

ちなみに、自作cueファイルでも全く問題ありません。
ただし、こんな音楽CDは世に存在しないので、タイトル不明状態になります。

2011010907

ここから先が面倒くさい!
プロパティを開いて、曲名を1曲ずつ入れていきます。
この“取り込み前”の状態で、テキストファイルか何かからサクッと読み込んでくれる機能があれば良いのですが、残念ながら無いみたいです。ここが手入力なのはしんどい。。。

2011010908

ちなみに x-アプリ でも同じ感覚です。

あとは、iPadやウォークマンに転送するだけ。

ちなみに、できた mp3ファイルを集めてDVD-Rに焼けば、筆者のカーオーディオではそれが再生できるので、カーオーディオのハードディスク節約にもなって便利!(長らく満杯だったのもので。CD330枚しか録音できないなんて…)

問題は、とても手間がかかるので、全てのCDをHDDに保存するまでどれだけかかる事やら。。。

|

« 音楽CD取り込み大作戦! -4- バーチャルCDを作る! | トップページ | 音楽CD取り込み大作戦! -6- 80分以上の仮想音楽CDは作れるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽CD取り込み大作戦! -4- バーチャルCDを作る! | トップページ | 音楽CD取り込み大作戦! -6- 80分以上の仮想音楽CDは作れるか »