« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月21日 (土)

不思議の国のヒロコの不思議

谷山浩子さんの独特の世界観を深めている、アレンジ。
特に、『眠れない夜のために』から、しかしこのアルバムはピアノ主体なので、
実質的には『空飛ぶ日曜日』から、アレンジのほとんどを手がけているのが、
石井AQ氏。
この人と谷山浩子さん本人とのアレンジのおかげで、
その世界観は更に孤高の存在となりました。

それは裏返して言うと、“万人受け”から更に遠のいた、という言い方も。

話変わって、1987年1月、NHK-FM で放送されたラジオドラマ
『不思議の国のヒロコの不思議』という番組がありました。
主人公ヒロコ役には、女優の三田寛子さん。
番組のテーマソング『MOON SONG』も、三田寛子さんが歌っていました。

このアレンジ、筆者はとても気に入っていました。
特にサビ部のリフレインで後奏に入って、子役の声でエンディングロールが
語られる瞬間は、グッと来たものです。心地よい余韻に包まれます。

同年9月に発売されたアルバム、『透明なサーカス』。
この中に、谷山浩子さんが歌う『MOON SONG』が収録されています。

あの時の心地よいバラードに満たされる事を期待していましたが…。
アレンジが異なっていたのですね。特にエンディングのアレンジが激変。

悪いとは言いませんが、期待はずれだった事は告白しておきます。

近年の谷山さんの歌のほとんどが
『編曲:石井AQ・谷山浩子』と書かれているので、
谷山さん本人の嗜好やイメージがふんだんに活かされていると思うのですが、
石井AQ氏は、もっと谷山さんに“可能性”を提供すべきだと
筆者は思うのです。

別に、万人受けする商業ポップスを書けというつもりはありません。
しかし、コアなファンだけにディープに愛されていればよいのであれば、
DVD『うたのえほん』のスペシャルフィルムに収録されている
谷山浩子さん本人のメッセージには、矛盾を感じるのです。

ラジオドラマ、カセットテープに録音しておいたけど、
カセットプレイヤーは外しちゃったからなぁ。。。
ぜひあのアレンジで『MOON SONG』、本人に歌ってほしいのです。

| | コメント (0)

2011年5月20日 (金)

HIROKO TANIYAMA '80S

せっかくなので(?)、谷山浩子さんネタを続けます。
しばらく続くかも…?

谷山浩子さんは、その音楽活動の長い歴史と比例して、
ベストアルバムも数多く存在します。ざっと10作品くらいあるのかな。
その中でも「とりあえず持っとけー」的な作品が、年代別コレクション。
その中でも、
HIROKO TANIYAMA '70S
HIROKO TANIYAMA '80S
の2作品は、必ず手にしておきたいベスト盤です。

なぜならば、70年代・80年代というと、まだアナログ盤の時代。
『90'S』と、今年発売された『00'S』は、まぁ言ってしまえば
アルバムを持っている人にはほとんど意味をなさない、と言い切っても良いかも。
ファンであれば同じ音源を既にCDで持っているからです。

『70'S』は、デビューしたての、初々しくもまだ方向性に迷いがある感じ。
そして『80'S』は、コンポーザーの才能とシンガーの才能がいかんなく発揮され、
シングルも続けてリリースし、数々のアレンジャーがその魅力を更に引き出した、
そんな時代だったのではないでしょうか。

谷山浩子さんのアルバムは、どれも、独特の世界観に満ちていて、
時折、難解な歌も出てきます。アレンジが観念の世界に入っている事が要因かな。
が、この『80'S』は、ほとんどがシングル曲のA・B面を集めたベスト盤。
シングル曲では、いわゆるポップス的なアレンジの歌が多く、
リズムやコード進行がとても解り易い作品が多いのです。

コアなファンであれば、この『80'S』は、コレクターズ・アイテム的な要素が
強いのかも知れませんが、筆者は、この『80'S』、初めて谷山浩子さんの世界に
触れるときの手引書のような存在だと思っています。

特筆は、『DESERT MOON』。
ウィキペディアによると、今までのベスト盤と比べて
「本来のピッチに戻している」とあります。
聞き比べてみると、あーなるほど、ちょびっと下がっていますね。
ピッタリFメジャースケールになっています。
さすがウィキペディア、オタッキーな情報まで載せられていますねー。感謝。

| | コメント (0)

2011年5月16日 (月)

NANUK

谷山浩子さんネタつながりで。

谷山浩子さんの音楽DVD、『うたのえほん』。
NHKみんなのうたのビデオクリップなどなどが収録されています。

その中でも特筆なのが、『なっとく森の歌』……じゃなくて、
『NANUK』。
「ナヌーク」と読むそうです。ホッキョクグマの意味です。
とても切ない、美しいバラードです。
というか、現代におくるメッセージソングです。
言葉にするととても平べったくてためらわれますが、テーマは“地球温暖化”。
この瞬間にも、ホッキョクグマは生きている、
人間がこうして電気を、資源を使いまくって暮らしている今でも。

この『NANUK』、もっとマスメディアに取り上げてほしいなぁと願うのでした。

さて、この『NANUK』、実は音楽のみの音源、つまりCD化は、無いのですね。
このDVDにしか入っていないみたいですね。う~んなんともったいない。
前回書いた『谷山ベスト for Drive Scene』第3弾に是非採用したいのですが。
こうなったらDVDから音源だけ抜き出してwave化してやるっ。

ちなみに、“special film”のBGMは、『ぼくは帰る きっと帰る』です。

詳細は下記で検索~。

DVD うたのえほん 谷山浩子
フォトブック 北極ライフ 谷山浩子

| | コメント (2)

2011年5月15日 (日)

谷山浩子 全25タイトル Blu-spec CD で再販決定!

最近、ふとしたことから、谷山浩子さんに再び(三度?四度?何十度…??)
ハマっています。

きっかけは、今年発売されたベストアルバム、00'S 。

…というのはちょっと置いといて、今回のトピックは、なななんと!
谷山浩子初期作品全25タイトルが、Blu-spec CD で再販決定なんでっすって!!

第1弾は、7月20日、8作品。
「ねこの森には帰れない」~「水の中のライオン」だそうです。

各2,500円。第1弾だけ集めても計2万円…!?
むむむ、既にCDで全部持っている筆者から見ると、
さすがにBlu-specだからというだけで全て集めなおすのはちとツライ…。
でもなー、『ねこの森には帰れない』は、いわゆる初CD化盤を持っている訳で、
この盤と Blu-spec との違いもとっても気になる…。う~んヤバいヤバい。

余談ですが、初CD盤、1983年12月に発売されていて、なんと3,500円!!
高いですねー!
この頃のコンパクトディスクは、音量のピークをデジタルの限界手前に
持ってくる傾向にあって、それが現代では相対的に音量が
とても小さくなってしまうんですね。
まだ過渡期の頃の考え方です。
現代の音楽CDは(特にポップスは)理論上の限界値など知ったことかと言わんまでに
異常なまでに潰しまくって割れまくって無茶苦茶ですが、
聴感上はまぁ絶えられてポップスの世界ではそれが当たり前になってきたので、
丁寧に作られたCDとは音量の差にびっくりしますよね。

さて、筆者がなぜ谷山さんにハマっているかというと…。
「ドライブに似合う谷山浩子の歌を集めよう!」プロジェクト、第3弾を実行中なのです。
その中には、『ねこの森には帰れない』にしか
入っていない歌も候補に挙がっているので、
この1983年発売の音源を使うか、それとも7月の発売まで待つか…。
う~んこれは悩ましい。
ただ、『谷山ベスト for Drive Scene』前作が1996年3月だという事を考えると、
15年2ヶ月ぶりになるのか15年半ぶりになるのかに、大した差はないのかも。
てゆー事はやっぱり買う気なのかよっ!

谷山浩子オフィシャルサイト
http://www.taniyamahiroko.com/

| | コメント (0)

2011年5月14日 (土)

憂鬱と官能を教えた学校TV みどころ3

ドレミの勉強が終わり、いよいよコード進行へ。
このあたりになると、素人にはもう「へぇ~」という他にありません。
それでも、番組としての面白さは強烈かつ新鮮ですね。

さて、今回紹介する見どころは、第5回・第6回のあたり、“ケーデンス”です。
前回のブログでは、四度圏表(逆に回ると五度圏表)を紹介しました。
この四度圏表をCD-R盤面に印刷し、毎日眺めていると、
なんとなくその紋様(?)が頭に焼き付いてきます。

そこで、番組のハイライト、“ケーデンス”。
詳しくは番組で見ていただくとして、ツー・ファイブ・ワンという動きが
心理的にとってもしっくり来る、という理論です。
このツー・ファイブ・ワンを理解する為に、四度圏表がとても役立つんですね。
時計回りに2時間進めば、ほら、ツー・ファイブ・ワン。
五度圏表の場合は逆回りですね。要は同じ事です。

そしてとっても興味深いのが、“2次ケーデンス”。
なるほど、よく聴く、あのグッとくる感じは、2次ケーデンスなんですね。

もちろん難しすぎてほとんど身についていませんが、
逆に言うと、2次ケーデンス(よその環境から持って来られたコード)に
惑わされる事なく、本来のスケールやコードを把握していれば、
ハーモニックな旋律を保てる、
つまりハモリ的な観点では安定した対旋律を追っかけられる、
という感じでしょうか?
う~ん、書いている人間がよく理解できてないのでむちゃくちゃだな…。

そしてマイナースケールのケーデンス、これも面白いですね。
特に理解できなくても、音の鳴りを聴いているだけで興味深いです。

第1回~第6回までを見て、ぜひ振り返りたいのは、
まずドレミ~の構成から始まって、平均律、ダイアトニック環境、
そして重要な4度圏表、コードの性格付け、ケーデンス。
このあたりを繰り返し見ていると、感覚的と共に理論的に、
音楽の楽しさ・美しさが理解できるのかも知れませんね。

「かも知れない」というあたりが、筆者のレベルの低さを物語りますが。。。

まぁとにかく、2次ケーデンスの実演は本当に面白いです。機会があれば見てね。

| | コメント (0)

2011年5月 7日 (土)

池田綾子 『JR九州新幹線 つばめと共に』 収録曲

当ブログで書いた、BSフジ放送の番組『JR九州新幹線 つばめと共に』。
たくさんの池田綾子さんの曲が使われており、2曲ほど知らない歌があったので、
気になって気になって、結局、シングル『数え歌』を買いました。
シングルには『数え歌』、『さよならピアノ』、『遥か』の3曲が入っており、
タイトル曲はもちろん知っていましたがフルバージョンを聴くのは初めて。
カップリングは本当に初めて聴きました。やはり心地よい声ですね。
敢えて“みんなのうた”っぽい、というか文部省唱歌チック・童謡チックな、
シンプルなメロディー、シンプルな歌唱ですが、コード進行はけっこうハイレベル。
大人の童謡、という表現が正しいかな?

さて、本題です。
知らない歌の1曲は解決しましたが、もう1曲はシングル『数え歌』にはありませんでした。
歌詞を頼りにネットを検索してみると、近年の池田綾子さんのアレンジを手がけている
TATTOさんのアルバム 『Dreamy Butterfly』 に入っている歌だと判明しました。
う~ん、この存在は知っていましたが、どうしよう、1曲のために買うかどうか…。
願わくば次のアルバムにこの歌が収録される事を期待…かな。

ではタイトルリストです。時間は、番組開始以降の経過時間です。CMは抜いています。

1  00:10 足音 / gradation
2  01:30  / オトムスビ
3  06:30 遥か / シングル『数え歌』
4  09:10 海の唄が聴こえる / オトムスビ
5  20:10 ユラリ ユラレ / gradation
6  23:20 君と在りし日々の歌 / TATOO 『Dreamy Butterfly』
7  27:20 僕らは友達 / gradation
8  40:30  / オトムスビ
9  41:00 うたうたいのうた / gradation
10 42:10 ユラリ ユラレ /gradation
11 44:30 手紙 / オトムスビ

ほとんどが『オトムスビ』と『gradation』からなんですね。
『a life, a light』にもよい曲がたくさんあるんだけど、使われていないですね。

DVDにはもっとたくさん入っているのかな?
と、ついつい気になってしまいますが、やっぱブルーレイじゃないと買わない、っと。

| | コメント (0)

2011年5月 3日 (火)

憂鬱と官能を教えた学校TV みどころ2

今回は、“四度圏表”について語ります。

以前の当ブログで、
「五度圏表はよく知られているけど、この番組では四度圏表を使っている」
なーんて書きましたが、よくよく見てみると、なんだ、同じものなんですね。
更に、筆者が持っているキーボードの解説書には、モーション・オブ・5th として
図が描かれていますが、時計回りに、C→F→B♭→ … →G→C、
というように、時計回りに四度進行なのです。なんだ番組と同じじゃん。
で、解説は、「ルートが完全5度下に進んでいくと云々」と書かれています。
よくよく読むと、「ルートが完全4度上に」と同じ意味、つまり、
この解説書はやっぱり“四度圏”を言いたいハズなんですね。

で、現在。五度圏表でググッてみると、時計回りに、C→G→D→ … → F→C、
つまり時計回りに5度ずつ進んでいるので、これがしっくりくる五度圏表ですね。

しかし、この番組では、四度進行。
この時計回りに4度ずつ、というのが、後々にすごい意味を発揮するんですね。
まだ『第4回』のあたりなので、その機能性はほんの一部ですが、
それでも、ダイアトニック環境
- CキーはCメジャーとAマイナーの2つのトニックがある -
という解説で使われるだけでも、へぇ~よくできた円なんだなぁ~と感心します。

よし、じゃぁこの四度圏表、自分でも作っちゃおう!
と思いついたら止まらないのが筆者の性格。
ネットでいろいろ調べて、マイナーコードも同時に乗せて、
更にキーのスケールごとに五線譜に置かれるシャープやフラットもデザインに乗せ、
アンティークな時計や羅針盤みたいな雰囲気のものを作ってみようと思い、
焼きに失敗したCD-R盤面に印刷してみました。

フォントのまま角度を変えられるツールを持っていないので、
ビットマップ化して印刷したから、かなりガクガクした仕上がりになったのが残念。
でもまぁなかなかカッコ良いんじゃないかな? 色使いはダサいけど。。。

(2日後補記:
実はCD-R盤面印刷ツールに文字角度指定の機能がある事を発見しました。
なんだ灯台元暗しだねー、という訳で、CD盤面印刷ツール専用に作り直して
ドットの荒さが無くなってとてもキレイになりました。という訳で画像置換。)

別に音楽の勉強を始めた訳じゃないんだけど、かれこれ20年以上も前から、
「譜面のシャープの数を見るだけでドレミが弾けるようになれたらなー」と
思うだけで全然覚えようとしなかった筆者。これをきっかけに覚えてみよう!

2011050301_2

四度圏表。
時計回りにフラットが増え、反時計回りにシャープが増える、
というイメージで作ってみました。
文字が放射状にデザインされている図はかなり貴重かも?(自画自賛)

| | コメント (2)

2011年5月 1日 (日)

憂鬱と官能を教えた学校TV みどころ1

CSのフジテレビNEXTで放送されている、
『憂鬱と官能を教えた学校TV』。
どんな番組なのかはググっていただくとして、
筆者が感じた、「これは面白い!」というツボを紹介していきます。

まずは、#1『ガイダンス ~ 受講の為のインストール1』、
#2『『受講の為のインストール2』のあたりで出てくる、
音の名前と調律について。
言ってしまえば「ドレミファソラシ」の事ですが、
これだけで2時間ほどの解説になるのです。だから面白いんですね。

何をそんなに語る事があるのか?と疑問に思うかもしれませんが、
ピアノなどの鍵盤を見ると、白鍵と黒鍵の並びって、なんだか不思議ですよね。
この形に行き着くまでの背景や歴史が、とても興味深いのです。

同時に、『完全4度』とか『長3度』とか、度数での呼び方も、
なんだか不可思議ですよね。『完全4度』『完全5度』は、なぜ“完全”なのか。
言ってしまえば、そういうもんだから覚えなさい、なんでしょうけど、
なぜ覚えるしかないのか、という背景を知る事が、とても面白いのです。

ある「ド」の音から、ひとつ高音の「ド」まで。これが1オクターブ。
これは聴けば誰もが判断できるし、科学的にも周波数が倍だし、という事で
これが規則的に並ぶ事はとてもシンプルですね。
では、「ド」から次の「ド」までを、どうやって切り分けていくか。
ピタゴラス音律
純正律
十二平均律
などでググると、その深い深い歴史を垣間見る事ができます。
「ド」から見て「ファ」と「ソ」、つまり4度と5度はとても心地よい、
人間の聴感上とても安定しているので、“完全”なのだとか。
対する他の音は、どこで区切ってもどうも不安定だなぁ、なのだとか。

同じ「ドレミ」にも、いろんな種類の「ドレミ」があって、
それぞれ音程や音度がちょびっとずつ異なるそうなのです。
これは奥深いですね。カラオケ採点機で、音程の正確度が80点ほどしか取れない
筆者にとっては、まさかそんな論争が繰り広げられていたとはつゆ知らず。

クルマに例えると、「このクルマはアンダーステアだ」とか「オーバーステアだ」とか、
そんな類の事でしょうか。普通に自家用車を買って普通に公道を走っていると、
そんな事はまったく感じないのですが、ある限界を超えた時にその性格が出てくる、
という世界に似ている気がします。

指の置き場所によってどんな周波数でも出せるバイオリンと、
出る音がデジタル的にバッチリ決められたピアノとの協奏曲では、
実は様々な葛藤や妥協があるのかも、なんて、今まで考えた事の無い心配(?)まで
してしまうほど。(当然そんな事を感じる能力は筆者にはありませんが。)

ちなみに「ドレミ」という呼び名は相対的なもので、
音の名前としては「CDE」、日本では「ハニホ」と呼びますね。
ちなみに「A」「イ」の周波数が、440Hz。
NHKの時報の「ポッポッポッ」が440Hz、「ポーン」が880Hzですね。
最近、見なくなりましたね、時報。そもそも地デジの仕組みがダメダメで、
デジタル化によって時報が成り立たなくなるという
なんとも情けない事になっていますが。という話は音楽と関係無いのでここまで。

ちなみに、音楽の現場で使われる「A」は、440Hzとは限らないそうです。
これもまたディープな世界なので個々人で検索してみてね。

じゃぁなんでAが一般的な「ド」にならなかったのか?
なんで一般的な「ド」がCで、Cから始まり、Aは6番目の「ラ」なのか?
440Hzの音を、今のピアノの中央ハにしてはダメだったのか?
このへんは宗教とか流行とかいろいろ複雑な歴史がありそうな気配ですね。
ハッキリと1つしかない事実として断言できる人は居なさそうな雰囲気です。

あ~なんだかダラダラと書いてしまいます。それほど面白いので、
まだ見ていない人は、5月12日から、また第1回から放送されるそうなので、
110度アンテナ立ててフジテレビNEXTが視聴できるよう加入しましょう。

気が向いたらその2を書きます。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »