« YUKI 『ドラマチック』 と ClariS 『コネクト』 | トップページ | ClariS 『コネクト』 »

2012年3月21日 (水)

魔法少女まどか☆マギカ オリジナルサウンドトラック

魔法少女まどか☆マギカ  見事にハマってます。
ハマったアニメはたいがい、サウンドトラックが欲しくなるのが筆者のクセ。
このアニメも例外ではありません。BGMが良いのですよ、このアニメ。
まだ BS ANIMAX で第4話までしか放映されていない時の衝動で、探してみました。

しかし、このアニメのサウンドトラックは、なんとCD化されていません。
正確に言うと、サウンドトラック単品では販売されていません。
(MP3の販売はあるみたいだけど、筆者はMP3購入には興味ないので、除外。)

なんと、DVD又はブルーレイの、完全生産限定版にのみ付録しているそうな。
それも、全6巻のうち、第2・第4・第6巻に3つに分けられているそうな。

えーじゃぁ聴きたかったら本編映像も含めこれらを入手しないといけないの?
本編映像は ANIMAX で毎週やってるからそれで良いんだけど~~。

でも、衝動は止まりません。結局、入手しちゃいました。

作曲は、梶浦由記 さん、という人。
アニメのBGMを多く手がけている人のようですね。

このアニメのサウンドトラックの特徴は、まず第一に、
生演奏が多い事。コンピュータ打ち込みの部分はあまり無く、
ピアノ、ギター、フルート、バイオリン、チェロ、ハープ、パーカッション
と言った楽器が多用され、映画音楽にも通じる完成度があります。

第二には、3拍子の楽曲が多い事。
全12話中11話で使われた、通称“営業のテーマ”も、3拍子ですね。
この曲をちゃんと聴きたくて、サウンドトラックを求める人が多いのでは。
というか筆者がまさにそのパターンですけどね。

癒し、哀しみ、闘いという3大シーンに分けられますが、
大部分の曲を聴くだけで、涙が浮かんでくるほど、切ない曲が多いです。

オススメはもちろん Track1-1 “Sis puella magica!”(営業のテーマ)
ですが、名シーンと強烈に結びつく曲としては、
Track2-7 “Inevitabilis”ですね。
ピアノのみのシンプルな曲ですが、使われるシーンを思い出すと、
もうボロッときてしまいます。
闘いのシーンでは、Track3-1“Numquam vincar”でしょうか。
本編ではちょびっとしか使われませんでしたが、
改めて音楽として聴いても、胸が締め付けられるほど痛いです。
また Track3-7“Nux Walpurgis”も、涙無しには聴けないですね。
ここまで来ると完全に名作映画音楽の領域です。

逆に、Track3-2“Quamobrem?”は、本編では未使用なのに、
「いやいやどこかで使われたでしょう」としか思えないほど、
このアニメ作品に溶け込んでいます。凄いですね、この影響力。
(付録のドラマCDには使われています。)

曲目やタイトル、使用シーン等は、ネットで調べるとよいでしょう。
既にちゃんとリストにしてくれているファンが多数います。
★ただし!本編を全て観る前に調べてしまうと、ネタバレワードが
どんどん出てきて台無しになってしまいます。要注意!

全て聴いて思ったのですが、DVDやブルーレイの付録として3枚に小分け
されリリースされた事は、結果的に大正解だと思いました。
サウンドトラック単体で発売されたとすると、先を知ってしまうから、ですね。
仮に2作に分けて、後半部分をパート2として後で発売していたとしても、
初放送から既に1年以上が経過しているこの作品、
きっとパート1もパート2も発売された後だったと考えると、
愚かな筆者はどちらも購入して先に音楽だけ聴いちゃって、
「あの曲まだ出ないなー」なんて変な勘ぐりをしてしまっていたでしょう。

という訳で! 全部聴きたい人は、まず全部観ましょう!
でないと感動が薄れてしまいますよ!

そうそう、この音楽が筆者の趣味嗜好にマッチした理由がもうひとつ。
どことなく、谷山浩子さんの音楽に共通する雰囲気を感じたんですよね。
明確に似た曲とかは無いのですが、具体的に言うと、
『ジャンク』『バザール』『王国』といった歌のテイストと
オーバーラップする感じがするのです。

本編を観ると音楽が聴きたくなる。
音楽を聴くと本編が観たくなる。
あ~完全にハマってしまいました。
気が向いたらオススメ楽曲を独り言で語っちゃいます。

|

« YUKI 『ドラマチック』 と ClariS 『コネクト』 | トップページ | ClariS 『コネクト』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« YUKI 『ドラマチック』 と ClariS 『コネクト』 | トップページ | ClariS 『コネクト』 »