« 坂道のアポロン 第1話 | トップページ | YUKI 『坂道のメロディ』 コード進行・TV版 »

2012年5月10日 (木)

YUKI 『坂道のメロディ』

アニメ“坂道のアポロン”。
BSフジでは、先日、第2話が放送されました。
タイトル『サマータイム』は、ジャズ曲のタイトルのはずなのですが、
その曲は登場せず、単純に物語が夏休みだったから。。。 なんのこっちゃ。

さて今回は、オープニングタイトルである YUKI の『坂道のメロディ』についてです。

作詞と唄:YUKI、作曲と編曲:菅野よう子。んー凄いコラボレーションです。

スリリングで難解な曲になるのかと思うと、意外とポップ。
特にサビ部のコード進行は軽快なビートと相まって心地よいですね。

しかし、シンプルなポップと思いきや、実は凄いコード進行をしているのですね。

まず、サビ部で転調。この転調のしかたがとても自然で美しいのです。
たいてい、ポップスの転調というと、ネタに尽きたり奇をてらったりして
聴いててイタくなるのがほとんど(だと思うの)ですが、たまに例外がありますね。
この曲はまさにその例外のひとつだと思うのです。

出だしのコードは、 F
単純な I - V - IV でスタートです ……… と思っていると!
V は、III なのか!? いや Vsus4 だろう! 違う V(11)かも!?!?
IIIだとすると IIIm7(13)なのかっ!? いきなりの混乱です。

Bメロの怪しいコード進行も実に切ないのですが、今日は転調部分の話を。

Bメロ終わりからサビにかけて、F A♭ に転調します。
サビは IV - V - VIm - I の繰り返しですね。
(セブンス要素があるかどうかは各自お好みでどうぞ。。。)
この、Bメロ終了 『跳ねる』の“る”の音(ファ)と、
サビ最初の『衝撃』の“しょ”の音(レ)の音が同じ“B♭”である事、
これがまず心地よさの秘訣ではないか、と。

そしてスリリングなサビ部後半を経て、フィニッシュで F に戻ります。
この戻り方もカッコイィ。
A♭スケールの III7 は、すなわち並行単調 Fm スケールの V7
このセブンスコード、すなわち Fスケールの V7 でもあるのですね。
つまり、A♭スケールの IVIII7 と進んで、うおーマイナー進行~…
と思わせて、実はFスケールの V7I というドミナントモーションでした、
というオチ。 すっきり解決。

んー、文字だと何を言ってるのか、書いている本人も解らない(汗)。

いつかコード進行の解析結果を載せようと思いますが、
なんせ素人なので、聴こえたなりのテキトーである事を悪しからず。

|

« 坂道のアポロン 第1話 | トップページ | YUKI 『坂道のメロディ』 コード進行・TV版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 坂道のアポロン 第1話 | トップページ | YUKI 『坂道のメロディ』 コード進行・TV版 »