« μ’s Best Album Best Live! Collection II 、オリコン初登場1位! | トップページ | 名盤紹介★『 フィールド・ソング THE FIELD SONG 』 村松健 »

2015年5月30日 (土)

ラブライブ!特典付き前売券第3弾のユニット曲が凄い

5月23日(土曜)から、ラブライブ!劇場版の特典付き前売券第3弾が発売されました。第1弾、第2弾はともに発売即完売だったそうな。グッズにはあまり興味の無い筆者は完全スルー。第3弾も気に留めていませんでした。

ところが!第3弾の特典は、音楽CDとの事!全3種!! これを知ったのは5月23日から数日経った時だったので、このショックは計り知れません。。。
ただ、そのショックはほんの数分。ネットによると、かなりのタマ数が用意されているらしく。まだまだ在庫は豊富みたいです。

という訳で、いちかばちか、映画館に行ってみたら、なんと余裕で買えました。あーよかった。

いつも思うのですが、ラブライブ!の楽曲は、市販CDより、特典CDのほうが、クオリティが高いのです。それも格段に。例えば2014年は lily white 『同じ星が見たい』が衝撃的な出来でしたね。そして今回のユニット曲3曲も例外ではありませんでした。

Printemps MUSEUMでどうしたい?
  作曲:畑 亜貴  作曲・編曲:増田武史

爽やかなポップチューン。よくあるコード進行ですが、この「よくある」が重要なのです。夏にピッタリですね。Bメロ→サビで C→A に転調しますが、イヤミ感は無く、爽やかさが持続します。

BiBi 最低で最高のParadiso
  作曲:畑 亜貴  作曲・編曲:木村有希

さすがBiBi。カッコイィです。サビがキャッチーなのは当たり前として、その導入(Bメロ)の持ち上げ方がさすがです。スポットで参加されるコンポーザーは、転調が(ほとんど)なくて安心して聴けますね。

lily white 乙姫心で恋宮殿
  作曲:畑 亜貴  作曲・編曲:三浦誠司

期待通りの、あのテイストです。イントロ部は、まさに80年代のあの3人組。(70年代の西ドイツの3人組ではありません。むしろそっちに激似ではあるけど…。) ただ、転調がキツくて、筆者はちょっと興醒めです。何度か聴いて慣れるまではツラいパターン。でもイントロとエンディングは素晴らしいので後味は悪くありません。

6月はいよいよ劇場版公開、7月には3週連続シングルリリース。どこまで盛り上がるのか楽しみです。

|

« μ’s Best Album Best Live! Collection II 、オリコン初登場1位! | トップページ | 名盤紹介★『 フィールド・ソング THE FIELD SONG 』 村松健 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« μ’s Best Album Best Live! Collection II 、オリコン初登場1位! | トップページ | 名盤紹介★『 フィールド・ソング THE FIELD SONG 』 村松健 »