« 佐野元春のアルバム、ハイレゾ配信 | トップページ | Printemps『ぷわぷわーお!』と まにきゅあ団『ぷあぷあ』の類似性 »

2015年5月 8日 (金)

HAP-S1で、改めてサザンの“濃さ”に惚れる!

さて、大型連休も終わっちゃって音楽をじっくり聴く機会激減のブルーな気分ですが、HAP-S1の話を続けます。

サザンの10年ぶりニューアルバム『葡萄』。聴いた人も多い、よね?
1曲目『アロエ』から、全く新しい、でも「いつものサザンと変わらない」、レトロモダンとも言える新鮮な音楽との出会い。
全曲、メインメロディーもアレンジも味付けも、懐かしくも新しいサザン・サウンドで、ウットリです。
はっきり言ってしまって、浜省のアルバムより、のめり込み度は、格段に高いのが事実。

これを機に、サザンの往年のアルバム達も、CDから取り込んでFLAC化していこうと決断。徐々に進行しています。

FLAC化で HAP-S1 にて聴いて新鮮な発見が、これまたやっぱり、楽器ひとつひとつの分離・独立が、とてもクッキリしている事。
サザンオールスターズの楽曲って、サイドギターが、右の耳の端っこで鳴っている歌がたくさんあるんですね。『世に万葉の...』まで遡って聴いていますが、同じ傾向にあります。
また、サザン独特の、たくさんの楽器やシンセが幾重にも重なり合った濃いアレンジも、ひとつひとつの楽器サウンドに集中して何度でも聴きたくなるような中毒性を感じてしまいます。

さてまだ過去には10枚のアルバムが待ち受けています。途中からMD→CD-Rの音源になっちゃうけど、まぁ仕方なし。ハイレゾ配信を待ちましょう。そしてシングル全曲も、いつかはリマスターでハイレゾ配信してほしい!!

現在、HAP-S1 の中には、サンプルを除いてやって1,047曲。あとまだ何倍ものCD音源が部屋の中で待ってます。ひー。

|

« 佐野元春のアルバム、ハイレゾ配信 | トップページ | Printemps『ぷわぷわーお!』と まにきゅあ団『ぷあぷあ』の類似性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐野元春のアルバム、ハイレゾ配信 | トップページ | Printemps『ぷわぷわーお!』と まにきゅあ団『ぷあぷあ』の類似性 »