« [谷山浩子特集] 唯一のデジタル音源を手に入れよう | トップページ | [谷山浩子特集] シングル・コレクションを作ろう! [Disc-2] »

2016年6月11日 (土)

[谷山浩子特集] シングル・コレクションを作ろう! [Disc-1]

さて今月は思い出したように谷山浩子さんの特集です。
貴重な音源を集めて、谷山浩子さんのシングル・コレクションを作りましょう!

3部作の、まずは Disc-1 。実際には音楽CDにはしていないのですが、ついつい音楽CDをイメージしちゃうのです。

No. タイトル 発売日 収録CD
01 お早ようございますの帽子屋さん 1975/2/10 '70s
  02 夕暮れの街角で 1975/2/10 '70s
  03 河のほとりに 1977/3/25 '70s
04 風を忘れて 1977/3/25 ねこの森には帰れない
05 1977/10/10 '70s
06 忘れられた部屋で 1977/10/10 鏡の中のあなたへ
07 星のマリオネット 1977/10/10 鏡の中のあなたへ
  08 あやつり人形 1979/2/21 '70s
  09 六月の花嫁 1979/2/21 '70s
10 風を追いかけて 1979/9/21 '70s
11 風の子供 1979/9/21 夢半球
  12 カントリーガール 1980/3/21 '70s
  13 ミスティナイト 1980/3/21 Memories
  14 今日は雨降り 1980/9/21 '70s

※印のタイトルは、アルバム収録と同じバージョンです。アルバム重視派の人は本コレクションに含めなくてもよいでしょう。

■01. お早ようございますの帽子屋さん

実質のプロデビューと言えるでしょう。41年経った今聴いても、爽やか・清らかで可愛らしい歌ですね。
この曲は『HIROKO TANIYAMA '70s』から採用しましょう。このアルバムの音量を基準とする為です。

■02. 夕暮れの街角で

『HIROKO TANIYAMA '70s』のブックレットには、上記シングルのB面と書かれてありますが、ウィキペディアによると、このアルバムに収録されているこの曲はシングルB面ではなく、1980年9月に発売されたシングルA面のアレンジとの事です。こうなると元々の音源も欲しくなりますね。デジタル化販売希望。

■03. 河のほとりに

1stアルバム『ねこの森には帰れない』収録とは異なるアレンジです。(間奏のセリフがありません。)
このシングルバージョンは過去のベスト盤に何度となく収録されていますね。
なお、アルバム『カントリーガール』収録の同タイトルは、アレンジこそ同じですが、別テイクのはずですね。

■04. 風を忘れて

ここから「シングル・コレクション」ならではの苦労が始まります。
このタイトルは、ベスト盤には無く、デジタル音源は1stアルバム『ねこの森には帰れない』しかありません。この時期に珍しいメジャースケールの歌なので、もっと重宝されてもよいのですが。実際、爽やかな良い歌です。
筆者は、ノーマライズやマキシマイズを施し、聴感上の音量(「音圧」って言うのかな?)を、『'70s』と比べてできるだけ違和感ないレベルまで上げました。
筆者も“アルバム重視派”なので、最初はシングル・コレクション採用を見送ろうと思っていましたが、初期と中期の音源は採用する事にしました。

■05. 窓

ノスタルジー溢れる名曲。アルバム収録と同じながら、過去のベスト盤にも何度も採用されてきました。

■06. 忘れられた部屋で

この時代はマイナースケールのシングルが続きます。谷山浩子さんの“マイナー3拍子”は数多いのですが(この曲はどちらかというとハチロク?)、この曲は初めてのベスト盤に収録されて以来、登場しません。
いずれにしても古い曲なので、それ相応にマキシマイズを施して音量・音圧を持ち上げます。

■07. 星のマリオネット

この時代は“失恋ソング”が続きます。筆者の失恋ソング好き(“好き”というか、なぜか過剰に反応してしまう)は、きっと谷山浩子さんの影響ですね。
この曲はアルバムにしか収録されていません。同上で音量・音圧を持ち上げるのですが、どういう訳か、コンプをかけた後に持ち上げると、ノイジーな感じになる気がするので、コンプはかけずマキシマイズのみ施します。

■08. あやつり人形

失恋ワルツが多い時代です。この曲はライブテイク『Memories』にも収録されるほど、登場回数が多いです。筆者としては全てお気に入りなのですが。

■09. 六月の花嫁

デジタル化はこの『'70s』のみという貴重な作品です。マイナースケールながら美しい、日本的な歌ですね。

■10. 風を追いかけて

アルバム収録と同じアレンジです。ピアノアレンジ盤『眠れない夜のために』も幻想的で素敵な歌に仕上がっていますね。
アルバム重視派は、『眠れない…』盤をここにフィーチャーしてもよいかも?

■11. 風の子供

デジタル音源は唯一『夢半球』のみという作品。この時期のシングルの中でも貴重なメジャースケールです。
音量の上げ方が難しかったので、やや控えめのマキシマイズが絶妙なバランスかと。

■12. カントリーガール

同じ名前のアルバムとは異なる、歌詞3番までのシングルバージョンです。様々なアレンジバージョンが存在する人気作ですね。

■13. ミスティナイト

上記シングルB面ですが、オリジナル音源はデジタル化されていない様子。EP盤も、中古品を探すのは至難の技のようです。美しいマイナー・ワルツなだけにもったいない。
という訳で、ややイレギュラーですが、ライブテイク盤『Memories』から採用する事にします。

■14. 今日は雨降り

シングル『夕暮れの街角で』のB面。既に2曲目で出てきた『夕暮れの…』のバージョンは、正しくはこの曲のA面シングルだったという解釈で合っていそうです。
唯一、『'70s』にのみデジタル音源が存在しますが、この季節にはぴったりの、良い歌です。

|

« [谷山浩子特集] 唯一のデジタル音源を手に入れよう | トップページ | [谷山浩子特集] シングル・コレクションを作ろう! [Disc-2] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [谷山浩子特集] 唯一のデジタル音源を手に入れよう | トップページ | [谷山浩子特集] シングル・コレクションを作ろう! [Disc-2] »