« [谷山浩子特集] シングル・コレクションを作ろう! [Disc-2] | トップページ | 谷山浩子『ひろコーダー☆栗コーダー』本日発売 »

2016年6月25日 (土)

[谷山浩子特集] シングル・コレクションを作ろう! [Disc-3]

先週に続いて、谷山浩子さんのシングル・コレクションです。3部作のラスト Disc-3 、いってみよう!


No. タイトル 発売日 収録CD
  01 ブルーブルーブルー 1985/4/21 THE BEST
  02 メリーメリーゴーラウンド 1985/4/21 '80s
03 夕焼けリンゴ 1986/8/21 水玉時間
  04 ガラスの巨人 1986/8/21 '80s
  05 MAY 1986/11/19 '80s
  06 Pyun Pyun 1986/11/19 '80s
07 海の時間 1991/5/21 白と黒
08 心だけそばにいる ~HERE IN MY HEART~ 1991/5/21 ボクハ・キミガ・スキ
09 ひとみの永遠 1992/9/2 天空歌集
10 夜のブランコ 1994/6/17 銀の記憶
  11 同じ月を見ている 2012/10/24 シングル

※印のタイトルは、アルバム収録と同じバージョンです。アルバム重視派の人は本コレクションに含めなくてもよいでしょう。

■01. ブルーブルーブルー

『シングル・コレクション』プロジェクトの中でも最も重要視すべき曲のひとつ。
デジタル音源は、ほぼ最古に近いベスト盤『谷山浩子 THE BEST』にのみ収録されています。
谷山作品の中で最もロック。この時代の“メジャー化”が顕著に現れている作品と言えるでしょう。
筆者はかなり好きな曲ですが、ご本人としては不本意だったのか? このバージョンは以降のあらゆるベスト盤にも収録されず、別アレンジの『空飛ぶ日曜日』収録盤はタイトルですら『BLUE BLUE BLUE』に変わっています。
こちらも、最古のCD、だけあって、音量・音圧が相当に低いです。イコライザもあれこれいじって、できるだけ太く持ち上がるよう触りましたが、音質が犠牲になった…かも??
リマスタリングの発売を切に願います。

■02. メリーメリーゴーラウンド

対照的に『'80s』に収録されたB面バージョンは、音質も良く、イマドキの音圧なので、上記の曲とどうしても音量・音圧の違いが気になりますが、仕方ありません。
『空飛ぶ日曜日』収録曲は別アレンジです。この時代はシングルバージョンとアルバムアレンジの2つを楽しめる良い時代でした。
ちょっと10ccの「あの」ヒット曲に雰囲気が似ていますね。

■03. 夕焼けリンゴ

上で「シングルとアルバムの両バージョンを楽しめる」と言った直後ですが、このシングルA面曲はアルバム『水玉時間』収録と同一です。。。
『水玉時間』にしかデジタル音源が無いので、聴感上気にならない程度にマキシマイズします。

■04. ガラスの巨人

こちらはアルバムアレンジとは異なる、シングルバージョン。アルバム『水玉時間』はCD化も早く、何度も聞きましたが、シングルバージョンはEP盤をかける回数も少なく、しばらく聴いていなかったので、とても懐かしく、新鮮です。
重厚なストリングスが曲の“重み”を引き立てます。

■05. MAY

斉藤由貴さんへの提供楽曲として有名な曲ですね。ご本人セルフカバーのこのシングルも、とても可愛らしく、癒されます。
アルバム『透明なサーカス』収録曲はアレンジが異なります。

■06. Pyun Pyun


デジタル音源もベスト盤収録も『'80s』のみ曲ですが、個人的に最も夢中になって聴いていた頃という思いでも加わり、かなり好きな曲です。

■07. 海の時間

前作シングルから4年半。アナログレコードが衰退し、逆にデジタル音源しか無い時代。加えて、シングルとアルバム収録曲は全く同じ音源という事もあり、当プロジェクトに含めるかどうか悩みました。
一応、コレクションに加えますが、実はシングルCDでもアルバム『ボクハ・キミガ・スキ』でもなく、音量・音圧が最もイマドキなベスト盤『白と黒』から採用するのが最も適しています。
歌そのものは、非常に美しく、溶けそうになるほど甘く優しい歌です。

■08. 心だけそばにいる ~HERE IN MY HEART~

A面同様、とても美しい曲です。作曲はご本人ではなく、いしいめぐみさん。という事もあるのか、『白と黒』の白盤、『花とゆめ』の花盤にも収録されていません。
こちらはシングルCDから採用してみましたが、音量が小さく、マキシマイズをすると微妙なザラつきが気になります。

■09. ひとみの永遠

上記同様、アルバム『天空歌集』のラストナンバーという印象のほうが強い為、当プロジェクトに含めるかどうか悩みました。
シングルCDもアルバム『天空歌集』も同じような音量なので、今回はシングルCDをリッピングし軽くマキシマイズ。音質に影響は出ない様子です。
ただし、カップリング曲の『会いたくて』は、当プロジェクトには含めない事にしました。この歌はどうしてもアルバム『歪んだ王国』の中のひとつ、というイメージが強烈なので、この曲だけ切り出せません。

■10. 夜のブランコ

アルバム『水の中のライオン』の中の名曲を、リアレンジ。何故か筆者はこのシングル盤を買ってないんですね。通販で買える時代だったのに。残念。
という訳で、今回はアルバム『銀の記憶』から採用したのですが、これまた音量・音圧バランスが難しい。
コンプしてもしてもピーク値が下がらず、あまりやりすぎると聴くに耐えない変な音になってしまうので、かなり無理矢理なマキシマイズだけかける事にしました。
マルチトラックからのリマスタリング熱望!!
また、上記と同様の理由で、カップリング『ひとりでお帰り』は、アルバム『銀の記憶』のファーストナンバーというイメージが強烈なので、採用しません。

■11. 同じ月を見ている

最新シングル。このシングルが現時点で唯一のデジタル音源です。
とても優しく美しいバラードです。
ただ、音作りがとてもイマドキになっていて、とても音量が大きい!
逆に音量を少しさげて、なんとかバランスが崩れないように…と手を加えてみました。
カップリングの『まっくら森の歌』『恋するニワトリ』は、アルバム『しっぽのきもち』と同じなので、本プロジェクトのラストナンバーは『同じ月を見ている』です、

こうして改めて並べて聴いてみると、実に懐かしい!! 今後もぜひ新曲を生み出してほしいのと同時に、やはり全曲リマスタリング・ハイレゾ化を熱望します!!

|

« [谷山浩子特集] シングル・コレクションを作ろう! [Disc-2] | トップページ | 谷山浩子『ひろコーダー☆栗コーダー』本日発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [谷山浩子特集] シングル・コレクションを作ろう! [Disc-2] | トップページ | 谷山浩子『ひろコーダー☆栗コーダー』本日発売 »